« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

カップリングパーティまとめ②

こんばんは。

今日は会社別にまとめてみたいと思います。

では、その1ということで、『Club Kissty』編をお送りします。

1 主な特徴

  男性は年収や、職種、学歴別で分かれています。

  これは女性が肩書き等で判断できるようにするためでしょう。

  一方女性は、職種、年齢で分かれています。

  こちらは男性が年齢や一部職種を好む傾向にあるからでしょうね。

  他には、旅行・ドライブ好きなど趣味別のパーティも存在します。

  私は参加していないタイプですが、プチお見合いやフリートーク中心

  のタイプがあるみたいです。

  前者は、じっくりお話したい人向け、後者は、できるだけ多くの異性と

  知り合いたい人向けですね。後者のほうは、より上級だと思います。

  ちなみに男性の人気No.1は、女性30歳以下編です。

  自分も一度参加しましたが、男性の方が圧倒的に参加者が多かったです。

  何度か異性票を獲得できると、KMSというメンバー限定サロンに参加できる

  ようです。私はご縁がありませんでしたが、このメンバーに入ると限定の

  イベントに参加できるようになります。

2 参加者の年齢層および雰囲気

  女性参加者は30代前半が多い気がします。もちろん30歳以下には20代の

  方ばかりですけどね。

  自分が参加した限りですが、女性はお洒落な方が多いという印象があります。

  一方で男性陣は様々でしたね。スーツ姿からデニムまで色々です。

  ここは男女とも常連さんはそれほどいない印象です。

3 パーティの雰囲気

  フリートークでは、1対1でなくてもよいため、特定の女性に男性が群がる

  ケースあり。一度レースクイーンさんが参加した会がありましたが、常に

  5~6人に囲まれていました。

4 中間印象について

  3名までしか書けないため、ここで書いてもらえれば、最後連絡先交換

  できる可能性が高くなります。女性参加者に聞いた話ですが、ここで書かず

  に出すケースが割りとあるみたいなので、ノーマークでも果敢にアタック

  するといい結果が生まれるかもしれません。

5 カップリングについて

  第一希望同士でなければカップリングできないので、率については低いの

  だと思います。成立すればその後も上手くいきやすいのではないでしょうか。

  ただ、連絡先は第三希望まで書けるので、全て書いて渡しましょう。

6 問題点

  ここの会社では、アフターサービス&ネット出会い用にkissty finderという

 システムを使っています。

  メアドを教えなくても連絡を取り合えるというものですが、登録しなければ

 使えない上に、そのことについてパーティ開催時にあまり説明がないので

 知らない参加者が多かったです。

  あと見知らぬ登録者からたまにメールが来ますが、これはほぼサクラだと

 思っていいと思います。見分け方はプロフィールを閲覧せずに送ってきている

 というところがカギです。

7 その他

  開催時に異性のプロフィールについて書いた紙をもらえます。

  割と詳細まで書いてくれているので参考になりますね。

  女性側には男性用以上に詳細な男性データが渡されているみたいなので

  事前情報の収集はしやすいですね。

8 まとめ

  パーティの回数も多く、直前1時間前でも参加でき、割引も適用されるので

  オススメですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カップリングパーティまとめ①

こんばんは。

またまた更新が遅れて申し訳ありません。

デート編をお送りしたいのですが、

諸事情により公開できなくなってしまいました。

代わりといっては何ですが、カップリングパーティ

について書いてみたいと思います。

過去十数回カップリングパーティに参加しましたが、

あまり成果は挙げられませんでした。

別の出会いツールの方が合っていることが分かったので

今後は参加しないと思います。

今後検討されている方向けに、自分なりに感じたことを書いてみたいと思います。

今日のテーマは、カップリングパーティに向く人について書いて

みます。

男性編

①見た目に自信のある男性

短時間で評価されるので見た目はかなり重要だと思います。

顔に自信がある、長身であるというのはポイントが高いように

思われます。実際参加したパーティでは、そういう男性は

人気を集めていました。

②実生活でもモテる男性

こういう男性は普通参加しないのでしょうが、コミュニケーション

能力が高いとか、女性に好まれる雰囲気を持っているとか、

短時間勝負の場ですと他の参加者に差をつけられると思います。

こう書いてしまうと当たり前と思われるのでしょうが、短時間勝負

ゆえに、スペック勝負になってしまうことが多い気がします。

逆に遊び相手を探す男性がモテてしまうのも一つの特徴ですね。

手軽に参加でき、本人確認が甘いシステムなので、そういう男性

にはうってつけのツールということになるのでしょうね。

では、該当しない男性はどうなのか。

個人的にはこう活用すべきだと思います。

①会話練習の場にする。

回転寿司で色々な女性と会話ができます。

会話の糸口だとか、そういったものを練習するのには

良い環境だと思います。

②友達をつくる場にする。

カップルとなると女性は警戒するものだと思います。

ここはお友達になりませんか?としたほうが、ハードルは

下がるのではないでしょうか。

私自身あまり成果はありませんでしたが、会話については

色々鍛えてもらったと思っています。

結論として

モテる男性には出会いの場としてオススメしますし、

モテない男性には、鍛える場としてオススメしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »